無料メールマガジン

メルマガ案内


TOP
ROサイト解説
RO学習に関する本
RO自己啓発に関する本
RO仕事に関する本
RO投資に関する本
ROお金に関する本
RO健康に関する本
RO日本と世界に関する本
ROその他の本

■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「高校生の勉強法」


  池谷祐二氏著
全191ページ
900円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「脳の仕組みに逆らわない効率的な勉強法の極意」


■何故この本を手に取ったか?
「何かを勉強するにあたって、
最小限の労力で高得点を取る人もいれば、
がむしゃらにやっても報われない人もいる。
個人の能力に大きな差がないならば、
この違いはいったいどこからくるのだろう?
その疑問にこたえてくれそうな本であった」


■流れ
脳の仕組み

海馬をだまして長期記憶へ

復習効果について

成果の出方


■レビュー■
『海馬について知ろう!』(P. 24)
海馬は短期記憶の保管場所です。
ここを通過できれば、長期記憶となり定着します。
無意識の記憶が海馬に残っていられる期間は
約一ヶ月です。
その間に長期記憶へと通過できなければ、
その勉強はすべて時間の無駄になります。
がむしゃらなだけでは報われないのです。

さらに悲しいことに、長期記憶への通過判定基準は、
『生きていくために不可欠かどうか』(P. 25,26)
というもので、明日テストなんだよ!と言い聞かせても
海馬は英単語の一つや二つ知らなくても死なない、
と判断して長期記憶へ移行させてくれません。


そこで、どうするかというと、
『海馬をダマすしかない』(P. 30)
ということで、短期間に何度も繰り返します。
すると海馬が、こんなに繰り返しくる情報なら
生きるために必要なことに違いない!
と勘違いして通過を許可してくれるのです。
『学習とは繰り返しである』(P. 31)
復習が大切なのは、そういうことだったのです。



『全部で四回の復習を少しずつ間隔をあけながら、
二ヶ月かけて行う』(P. 55)
学習した翌日に一回目
一週間後に二回目
その二週間後に三回目
その一ケ月後に四回目、といった具合です。
ちなみに、
これ以上の頻度で復習する必要はありません。
時間の無駄です。



『復習効果はあくまでも
同じ対象に対して現れる』(P. 57)
ころころと参考書を変える人と
最初に使った参考書だけやる人では、
一般的に後者のほうに成績優秀者が多いのです。


『何か新しい知識を身につけたときには、
その日に六時間以上眠ることが欠かせない』(P. 60)
徹夜で勉強することがどれほど効率が悪いか
よくわかると思います。
せっかくの記憶が整理させずに
消えていく羽目になります。
つらい思いして寝ずに勉強したのに、
覚えられなかったとなると
たまったものではありません。
しっかり寝ましょう。
それも勉強の一環です。



『ある分野の理解の仕方を覚えると、
ほかの分野に対する理解の仕方まで上達する』(P. 123)
なんでもできる天才みたいな人がいますが、
あれは一つの分野を極めた人だからこそ
可能だといえます。
まずは、自分の得意分野を
徹底的に勉強してみることが大切です。


『学習の転移には「べき乗の効果」がある』(P. 175)
勉強していて挫折するのは、
効果が目に見えて表れないからです。
これ以上やっても無意味と思ったら
勉強をやめてしまうでしょう。

しかし、効果が目に見えるようになるまで
最低3ヵ月かかるそうです。
努力の継続ができた人には、
いずれ爆発したかのように
急に成績が伸びることになります。
ひょっとしたら一つの分野をマスターした人は、
そのことを暗に知っているから努力が継続でき、
他の分野もマスターできるのかもしれませんね。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
この本を手に取れたことを大変幸運に思います。

本書のタイトルからして、
受験生を対象とした本なのですが、
社会人に読ませないのはもったいないと思います。
とても良い本なので、お勧めしているのですが、
なかなか手にとってもらえませんね。

以前、大手自動車メーカーの
年配の方とお話する機会があり、
読書が趣味ですと言うと、どんな読むの?と聞かれ
本当に良い本だと思うから、本書を紹介したのですが
「いまさら高校生かよ」
「読書が趣味とか受け狙いか」
「実は最近本なんか読んでなくて
それは高校生のころに読んだ本なんじゃないの?」
というような態度をとられてしまいました。

学習全般にかかわる話ですから、
本書は社会人が読んでも効果があります。
むしろ学校で習わないような脳科学の話なので、
初耳なことが多いですよ、と言ったのですが・・・。



もったいないですね。
タイトルだけで読む本を決めてるなんて損ですよ。



勉強する際にこれを知らずしてなんとする。
人生必読本として文句なしの判定Sクラスです。


■評価■

 

27点/30

①読みやすさ 4点
イラスト、グラフなどが用いてあり、
文章も平易でわかりやすい

②情報量 3点
60-120min

③成長性 5点
覚醒できる

④実用期間 5点
一生使える

⑤インパクト 5点
学習方法と脳の仕組みについて
初めて知ったことが多かった

⑥信頼性 5点
著者が脳科学の研究者であり、
根拠も納得できる


レビューNo.0001
評価年月日:2009年2月15日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る