無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「1分間勉強法」


  石井貴士氏著
全256ページ
1400円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「1分間で行う高効率勉強法」

■何故この本を手に取ったか?
「6万人中1位をとった勉強法という帯に惹かれて」

■流れ
一分間勉強法のしくみ

一分間勉強法のメリット

一分間勉強法の特徴

タイムマジック、カラーマジック


■レビュー■
『「1分間読書法」は「タイム・マジック」と
「カラー・マジック」を使って勉強時間を1分間にし、
「時間を伸縮自在に操る勉強法」なのです』(P. 38)
ここで「タイム・マジック」(P. 33)とは、
通常60分かかる読書を1分に短縮すること。
「カラー・マジック」(P. 34)とは、
色分けによって、「一冊一秒」で60冊分復習すること。
これら2つの技術によって、
読書による高速学習を実現するのです。



『朝・昼・夜の3つの時間に分ける』(P. 115)
朝は勉強にあて、昼は仕事に集中し、
夜は人に会うか暗記ものをする。
これが一日の大まかな流れとして良いでしょう。
たしかに、寝起きは頭がすっきりしていますから、
数学などの論理的な勉強に良いでしょうし、
寝る前に暗記するのは、
睡眠中に記憶の定着がおこるので
理にかなっているといえます。



『一冊一分です。
でも「速読」という手法は使いません』(P. 131)
『「このページは自分にとって必要な情報かな?」と感じ取ること』(P. 142)
『人間の直観は「重要な部分」に反応するようにできています』(P. 172)
つまりは、一ページ一秒でページをめくりながら
直観を駆使して、文字は読まず見るだけで、
自分に必要だと感じるページを探すということです。
この点は、ポール・R・シーリィ氏著「あなたもいままでの10倍速く本が読める」で紹介されたフォトリーディングに近いですね。

以上のようにして、
必要でないと思ったところは読まなくて済みます。
それによって、
短時間での読書を実現しているのです。

これは、別に邪道ではなく、
自分に必要なところを優先して勉強しようとしたとき
要領の良い人が必ずやっていることなのです。
中島孝志氏の「キラー・リーディング」でも
「省読」として同様のことが推奨されています。


『時間は短縮できるが、
理解できないものは理解できない』(P. 203)
簡単な内容であれば、誰でも理解できますよね。
でも、高等物理学とか、東大入試問題など
誰にでもすぐ理解できるようなものではありません。
そういうものは、
時間をかけても理解できないものであり、
まして一分ではとても無理です。

つまり、
一分間勉強法は現状で理解できる内容に対しての高速学習法なのです。


現代は、インターネットの発達によって、
知識というものが軽視される時代になりました。
知りたいときにネットで調べたら良いものに対して
時間を割くのは非効率であるというのです。
しかし、一分間勉強法の場合でも、
たとえば、高等物理なら結構わかるという人には、
そういう一般に難解だといわれる物理などの書物を
一分で読破できるわけですから、
自分の得意とする分野において
新しい知識を短時間で手に入れたり、
それのみならず、 ニュースなどの情報を
素早く仕入れたりするためにも、
やはり、高速学習のために基礎となる知識は
身につけておくことは大切だと感じました。

基礎的な知識の有無が、
その後の学習効率を左右するのです。
特に、一分間勉強法を実践する者にとって、
それはより顕著になるでしょう。


■反論・誤植・注意点など■
書いて覚えるのは
時間がかかるからダメと指摘しておきながら、
「カラー・マジック」では
ノートをとることを推奨する矛盾があります。
著者が伝えきれない部分があるのかもしれませんが、
それならば、
そこの解説にもっとページを割くべきかと思います。



■最後に■
一冊一分で学習する、
という発想はとても良いと思います。

著者が言うとおり、
この勉強法は2日もあれば体得できます。
シンプルだけれど効果は期待できます。

良いことを言っているので不満はないのですが、
これだけのことを言うのに250ページもかけているため
内容がちょっと薄かったかな、と感じました。


■評価■


23点/30

①読みやすさ 5点
イラストなどあり、わかりやすい。

②情報量 2点
30-60min

③成長性 3点
これまでの学習法にいいと思ったところをプラスしていけば良いでしょう。

④実用期間 5点
一生使える。

⑤インパクト 3点
納得できる内容。

⑥信頼性 5点
言ってる内容は脳の仕組みを踏まえたものである。

レビューNo. 0005
評価年月日:2009年2月15日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る