無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「アタマが良くなる合格ノート術」


  田村仁人氏著
全176ページ
1260円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「頭の良い人のノートの取り方」

■何故この本を手に取ったか?
「板書をそのまま書き写すという作業は
良いノートの取り方とは言えない。
良いノートの取り方というものは、
いかに効率良く復習できるかにある、
と私は考えている。
その持論の正当性を確信したいため」

■流れ
ノートの取り方

授業の受け方のコツ

ノートを活用した勉強法


■レビュー■
『ポイントは「簡単」「速い」「フレキシブル」』(P. 20)
丁寧にノートをとると飽きて続けられません。
速くないと授業に集中できません。
講義する先生の授業タイプによって
書き方が若干異なるため、フレキシブルな、
要するに柔軟性のあるノート取り方が求められます。


『授業には2つのタイプがある』(P. 42)
授業は大きく分けて、次の二つ
ひたすら先生の解説講義が続く「インプット型」と
質問をなげかけて生徒に答えさせる授業や、
英会話学校で英語を話したりするような
「アウトプット型」です。
この2タイプの授業は
それぞれ予習、復習の仕方が異なります。



『文字を分けるのは、3色まで』(P. 28)
色の識別が瞬間的に行えるのは3色くらいまでで、
それ以上になると色分けの意味が
薄れることになりかねません。
また、色分けに時間を取られることにもなります。



本書で推奨されるノートの取り方の核となる記述は、
『コーネル大学式ノート術』(P. 66)です。
ノートを大まかに三つの区分に分けて使用します。
本書に具体的な図が書いてありますので、
興味あるかたはぜひ本書を読んでみてください。
とてもわかりやすいです。



『先生役を演じる』(P. 162)
好きなものは物覚えが良くなるから
その教科を好きになりましょうといわれるけれども
それって可能なのでしょうか?
著者はそこに疑問を感じたようです。

そこで、好きになって覚える代わりに
「できないと恥ずかしい」
という状況を想定して勉強することを提案しています。

うれしい、楽しいなどの感情は海馬を刺激します。
海馬が活発に活動すると記憶力が上がります。
よって、感情を利用した勉強というのは
効果があるのです。

あなたが先生をやっているとして、
生徒に質問されても分らないとしか答えられなかったら、大変恥ずかしい思いをしますよね。

そうならないために、
先生は勉強しておかなくてはならないのです。
というわけで、そういう状況をつくるために
あなたは先生役を演じるのです。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
図や具体例がたくさん載っており、
大変読みやすくかつ分かりやすかったと思います。

また、通常こういう学習本は
あれこれノウハウ詰めすぎる傾向にあるのですが、
本書は過不足なくまとめられています。



■評価■


26点/30点

①読みやすさ 5点
図解豊富、読みやすい

②情報量 3点
60-120min

③成長性 5点
自己流で成績の上がらなかった人は覚醒のチャンス。

④実用期間 5点
一生使える。

⑤インパクト 3点
納得できる。

⑥信頼性 5点
著者自身が大変成績がよく、受験にも成功している。

レビューNo. 0006
評価年月日:2009年2月16日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る