無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「大人のためのスキマ時間勉強法」


  和田秀樹氏著
全219ページ
760円+税
新書

■この本を一言で表すと
「スキマ時間の有効活用法」

■何故この本を手に取ったか?
「仕事をしていると、待ち合わせや、移動時間などに
5分~1時間くらいの待ち時間が発生してしまいます。
こういう時間をどう活かせるかが、
10年、20年後に大きな差を生むことになるため、
スキマ時間を有効に活用できる方法を知りたかった」

■流れ
スキマ時間有効利用のための基本心得

スキマ時間の作り方

スキマ時間活用具体例

スキマ時間活用のためのツール紹介



■レビュー■
まず最初にどのように時間を使えば
効率が上がるのかを説明してあります。

それぞれの仕事や
日常の作業にかかる時間を計っておき
それを基に計画を立てていきます。
無理は禁物、計画は崩れるものと考えて行動します。

大まかに上記のことを気にかけながら
日常にあふれる隙間時間を探します。
電車の乗り継ぎや飛行機の待ち時間など
さまざまな場面で数分程度から
数時間のスキマが空いてます
これらを有効に活用すべきです。



『「生きるために必要な時間」は削ってはいけない』(P. 28)
時間を効率的に使えなくなるからです。
生きるために必要な時間、
たとえば睡眠時間を削っては長く持ちません。
一時的には良いとしても、
時間を削らなくて済む方法を考えるべきです。



『目が覚めたらできるだけ早く布団から出る』(P. 58)
うとうとしているだけで、
あんまり睡眠時間の足しになってません。
よって、無駄な時間になりがちなので、
ここは潔く布団からでましょう。
踏ん切りをつけるのが大変だと思いますが、
時間有効活用のためです。



『早めに会社のそばまで行ってカフェで勉強しよう』(P. 80)
『待ち合わせには絶対に早く行く』(P. 97)
一時間でも二時間でも、可能なら早く行けばいい。
こうすることでまとまった勉強時間が確保できる。
無駄なことはないのである。
しかも、通勤ならラッシュアワーからずれるため
満員電車にゆられずにすむので、
体力も温存できる。一石二鳥です。



『カラオケボックスもかなり寝やすい』(P. 85)
会社で昼寝がしにくいというなら、
昼間のカラオケボックスがお勧めのようです。
平日の昼間だから料金も安く利用しやすいそうです。
また、時間を決めておけば、
フロントが起こしてくれますので、
目覚まし時計もいりませんし、寝坊もありません。



『時間の読めない遊びはしない』(P. 110)
マージャンなどはそのいい例です。
ついつい徹夜でやってしまって、
次の日がぐだぐだになってしまいます。
そんなことではいけません。
どうしてもやりたいなら、
自分で時間を区切ることが大切です。



『早く寝つける工夫をする』(P. 115)
夜寝付けないとき、
著者は専門分野の難しい本を読んでみるといいます。
そうすると、眠れなくても難しい本が読めて
とても得した気分になり、
眠れたらそれはそれでラッキーだというのです。
とりあえず、
一日二日眠れなくても死にはしませんから、
一般には、不眠症で心配することはありません。
ただ次の日、昼間眠くて仕方ないという点は心配でしょうけど・・・。


■反論・誤植・注意点など■
『朝食を抜くのは午前中の頭の働きを悪くする』(P. 29)
いや、むしろ悪くなると思います。
朝食をとった方が成績が良いというデータは
医学的には何の根拠にもならないことは明白です。
食後は胃腸に血液が優先的に流れれ、
副交感神経が優位になって、確実に眠気を誘います。

また、「高校生の勉強法」 にあるように、
飢餓感がなくなることから頭の回転が遅くはなっても
速くなることはないでしょう。

そもそもこの実験は、
朝食をきちんととる規則正しい生活をしている人と
朝食をとらない不規則な生活をしている人の成績を
比べているもので他の要素が入る余地が多々あります。

そりゃー、大学生にもなって、毎朝自分で朝ごはんを用意するくらい規則正しい人は、きちんと普段から勉強もしてるでしょうよ。
それって成績優秀の理由が、
朝ごはんを食べてるからだって、
言い切れる根拠にならないでしょう。
まったく対照実験になってません。
穴だらけの実験です。
この調査をはじめに実施して、結果を公開した団体は
一体何を考えているのでしょうか。

同じような環境(普段は朝食をとるなど)にいて、
同じような成績の人たちに、
一定期間朝食を取る組と取らない組に分けて
何度かテストを受けてもらうべきです。


ちなみに、空腹状態は健康にも良いとされています。
朝食を抜く健康法もあるくらいです。
詳しくは、「マンガでわかる西式甲田療法」を参照ください。



■最後に■
スキマ時間の活用には
便利なツールをつかうことが必須となります。
第九章の『スキマ時間を有効に活用するためのツール』(P. 199-215)には、
それらのツールも紹介されており
自分の生活スタイルに合った必要なものを揃えると良いでしょう。

一冊の本にスキマ時間を有効活用した
さまざまな勉強実践方法が紹介されており
大変良い内容であると思います。


■評価■


25点/30

①読みやすさ 4点
読みやすい。

②情報量 3点
60-120min

③成長性 4点
スキマ時間の活用は重要。

④実用期間 4点
新しいデバイス、システムがでるまでこれらの戦術でいける。
さらに便利なツールなどが出るとしても、
あと10年くらいは大丈夫だろうと思う。

⑤インパクト 3点
納得できる。

⑥信頼性 4点
信用できる内容です。
ただし、自分に合うと思うところだけ取り入れないと
返って効率が落ちることもあります。
すべて実践する必要はありません。

レビューNo. 0018
評価年月日:2009年2月16日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る