無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「難関資格合格したけりゃ本は読むな!」


  福田 大助氏著
全197ページ
1400円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「基本書を読むな!問題集を解け!」

■何故この本を手に取ったか?
「高効率の勉強法を様々な観点から分析したかったので、
難関資格をパスした実績のある人の本を探していた」

■流れ
目標を定めて絞り込む

準備に専念

勉強に集中

とにかく継続できるようにする

合格後、資格をどう活かすか




■レビュー■
ちょっと語弊があるタイトルです。
全く本を読むなということではないです。
熟読するなということです。
確かに、難関資格の教科書は分厚く
どこに要点があるか分からない。



『勉強場所は、原則的に、電車の中と図書館の二つ』(P. 62)
うるさい場所をわざわざ勉強場所に選んだ、
といいます。
理由は、集中力を養うためです。
試験本番では、自分以外の受験者がいて
貧乏ゆすりをしたり、咳をしたりと
案外気の散る状況が多いものです。
本番では、そのような状況なのですから、
静かな部屋でないと集中できない、
というのは致命的になります。

また、電車の場合は、
目的地に到着するまでの時間が決まっているため
それが締切効果をもたらし、
とても集中できるので
勉強にもってこいの環境のようです。



『教科書、基本書は読まなくていい』(P. 73)
試験問題というのは、
必ず核となる出題範囲が存在します。
頻出基本問題は全体の約30%を占め、
また、頻出応用問題も約30%を占めるため、
頻出問題を抑えるだけで、
合格点となる60%に達します。
ゆえに、最短で試験を突破するためには、
問題集で何度も出題されるところを
徹底的にやりこむのが最上の方法なのです。
基本書はすべてが網羅されているため、
効率が悪くなります。
全体を漠然と知るために
流し読みすることはあっても、
きちんと最初から読むのは
時間の無駄以外の何物でもありません。



『合格体験談は、いっさい無視しろ!』(P. 151)
体験談は人それぞれであって、
あなたに当てはまるものとは限らない。
さらに、頼まれて書かれたものであるから
都合の悪いことは隠してあるし、
美化して書かれているものもあるでしょう。
それらはあなたをとても勇気づけてくれるものであるけれども、
それ以上に害をもたらす可能性が高いのです。
決して安易にマネしてはいけません。
特に、一日4時間しか寝なかったというような内容は
真似すれば体を壊すだけです。


■反論・誤植・注意点など■
『一度書いたノートはすぐ捨てる』(P. 91)
これで、また新しく答案がかけるまで勉強するというのですが、
別に捨てる必要はないと思います。
他にも、覚えた個所を破って捨て、
その直前のプレッシャーで記憶を強くする
といった内容が書いてありましたが、
人間は忘れる生き物ですから、
後でそこがどうしても思い出せなくなったら
調べ物にとても時間がかかってしまいます。
ちぎってもいいけど、
封筒などに保管しておくとよい気がします。



■最後に■
社会人はどのくらい勉強時間とれるのかといえば、
それは人によってまちまちだと思います。
どちらにしろ時間が無いから最短突破。
資格の勉強は最短で行い、
資格を持って働きながら仕事を覚える。
現代は、高度に専門化されたプロフェッショナルの時代です。



■評価■


21点/30

①読みやすさ 4点
わかりやすい。

②情報量 2点
30-60min

③成長性 3点
司法試験には大いに役立つが、
それ以外なら参考程度。

④実用期間 5点
この考え方は一生使える。

⑤インパクト 3点
内容は良いけれども
司法試験に特化しすぎていたので
私にとってはインパクトに欠けた。
法科大学院に所属しているとか、
司法試験を受けるとかいう状況にないと
ありがたみが湧かない

⑥信頼性 4点
試してみないとわからないが
問題集をどんどん解いていく方法は
かなり効果がありそう

レビューNo. 0030
評価年月日:2009年2月19日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る