無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「最短で結果が出る超勉強法」


  荘司雅彦氏著
全255ページ
1400円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「実戦向きな高効率勉強法とその考え方」

■何故この本を手に取ったか?
「高速学習法に関してさまざまな意見や実例など参考にするため」

■流れ
準備段階としてモチベーションアップ

勉強を継続できるシステム

成果を上げるヒント


■レビュー■
『一冊の基本書にすべての情報を集中させる』(P. 18)
勉強のできない人に限って、ついあれこれと、
いろんな参考書に浮気するものです。
しかし、基本書一冊にしぼって復習効果を狙うのが
勉強のできる人が取っている戦略なのです。

著者はさらに、
基本書で情報を一括管理できるようにすれば、
知りたいことがどの本に書いてあるかわからなくなる、
ということがなくなるため
大変時間効率が良いと主張しています。

簡単なのに二重でお得な勉強法ですね。


『5分間の反芻が「黄金の記憶保持作業」』(P. 119)
著者は一時間を一区切りとして勉強し、
その時間内に必ず、内容を振り返るための
復習時間5分間をとれ、といいます。
わずかな復習時間であるにも関わらず、
記憶の定着がとても良いそうで
著者は、これを
「黄金の記憶保持作業」とまで呼んでいます。



『詰め込みと丸暗記は勉強の王道である』(P. 129)
詰め込みすぎることで、個性がなくなるだの
子供がおかしくなるだのといったことが
世間では盛んに主張されているが、
そんなことはないでしょう。

本書では吉田松陰の例をあげて、
詰め込みの大切さが説明されています。

おかしくなるどころか、
頭の中で様々な知識をむずび付け
いろいろな考え方ができるようになるため
弊害があるどころか、
知的で偉大な人物になる可能性が高くなるのです。
知識の詰め込みで人間性が破壊されるということもありません。
もし、実際に詰め込み教育でおかしくなった子供がいるとすれば、
それは、嫌がる子供に無理やり勉強させた結果ではないでしょうか?
自発的に詰め込みをしている子供におかしくなる子はいません。



『三回転勉強法』(P. 171)
長期、中期、短期で三回転させる勉強法のことを
著者は、このように呼びます。
問題集を短期(10日間くらい)で一回やり、
中期(3週間くらい)でもう一回、
さらに長期(三か月くらい)で三回目です。

椋木修三氏の「超「高速」勉強法」でも、
「同じだけの時間をかけるなら、
じっくり一回よりもサラリ三回」とありました。
回数が増えることで、
効率的に記憶を保持できることや
全体像をつかみやすいというメリットがあります。



『試験は王道を行くものが勝つ』(P. 227)
たまに、塾にもいかず独学で東大に受かる人がいますが、それはとても例外的なケースです。
決してマネしようと思ってはいけません。
東大に入るというなら、
別にトップでなくてもよいわけです。
年間何百もの枠が存在しているのですから、
そこに入れたら勝ちなのです。
その枠に入ることができた勝ち組たちは、
みんな奇抜な勉強法をしているかと問えば、
NOとしか言いようがありません。

学問に王道はありませんが、
試験には王道があります。
それは本書で書かれているような勉強法のことです。

自分のことを天才だと思っているような人は
勉強法をテーマにした本など
興味もつことすらないでしょう。
そういう理由から、この書評を読んでいるあなたも
失礼ながら天才ではないと思います。
しかし、天才でなくとも、試験合格はできます。
天才なんて、本当にごく少数です。
極端に人数が少ないため、
彼らで合格枠が埋まることはあり得ません。
自信を持って王道を行きましょう!



『資格や学歴も、芸に劣らず身を助けます』(P. 244)
現代日本では、学歴や資格をとっただけでは、
ご飯を食べていくことはできません。
だから、学歴や資格を取っても
意味がないと思われるかもしれません。
しかし、取れるものならとっていたほうがいいのです。

実際のところ、
資格がないとできない業務もありますし、
なによりも周囲の対応が変わってきます。
資格や学歴があれば、
あなたの話をとりあえずは聞いてくれるでしょう。
もし、何もなければ門前払いということになります。
そういう意味では、
学歴や資格はあなたの看板として機能するのです。

とはいえ、それだけです。
それ以上は、
実務能力、マーケティングや
営業能力がものをいうでしょう。


■反論・誤植・注意点など■
反論したいところは、
ほぼすべて文中にて著者のフォローが入っており、
納得できたので、特になし。
読者の持つであろう疑問をあらかじめ想定し、
フォローしているところは、
本の著者として素晴らしいと思います。


■最後に■
全体を通してみて、
とても参考になる勉強法のヒントが
たくさん載っていました。
他の勉強法の書籍と内容が
かぶることもありましたが、
それは逆にいえば、効果のある勉強法として
他にも主張している人がいるということで、
本書の内容が著者の妄言では無いと判断できます。

もちろん、著者が発案した勉強法も書かれており、
それも大変参考になりました。



■評価■


26点/30

①読みやすさ 3点
ふつう

②情報量 4点
120-300min

③成長性 5点
覚醒できる。

④実用期間 5点
一生使える。

⑤インパクト 4点
勉強法として大変素晴らしい。

⑥信頼性 5点
自分自身だけでなく娘の受験も成功に導いており、
多くの人に対して有効な方法であると考えられる。

レビューNo. 0032
評価年月日:2009年3月3日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る