無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「20代のいま、やっておくべきお金のこと」


  中村芳子氏著
全217ページ
1200円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「20代で始める無理のない人生設計」

■何故この本を手に取ったか?
「20代のうちに知っておくべきお金の戦略が知りたかった。」

■流れ
お金について

生活とお金

仕事とお金

貯金

自己投資

結婚とお金

将来、老後とお金



■レビュー■
『20代は一芸を磨くとき、
サイドビジネスに手を出すな。』(P.96)
仕事をものにしようと考えたら、それに集中しなくてはいけません。
ほかに気になることがあるなら、
気が散漫になっていい仕事ができないのです。

若いときは給与が少ないのが普通です。
ゆえに20代はキャリアを形成することが
将来にわたって大変有効なのです。
二兎追うものはなんとやら。
サイドビジネスで月5万儲けるのは
30代になってからでも遅くありません。

だが、人によって立場は変わります。
10兎追うものは、3兎得るともいえるので、
やはり収入は自分の実力次第ということなのでしょうね。



『口座は最低4つ』(P.110)
生活口座とは、生活するために日常使う口座
緊急費口座とは、生活費2ヶ月分を入れておき、
緊急時に利用するための口座。
取り分け口座とは、長期間貯めておくための口座
殖やす口座とは、株式投資などに使う口座である。



『テレビを消して本を読もう』(P.152)
20代男性の半数は
日常でまったくテレビを見ない、
という話をきいたことがあります。
それは見たい番組がないからとか、
つまらないからというのもあるのでしょうけど、
忙しいっていうのが本音です。
しかしながら、
忙しくても仕事に関する本を読むのは当然のこと、
ゆえに必然的にテレビの優先順位は低くなるのです。



『3ヶ月以上の同棲は無駄』(P.160)
結婚前に本当に二人で暮らしていけるか試すために
同棲するというのはありだ。
しかし、それ以外では同棲に意味は無い。
3ヶ月以上同棲を続けるなら、
それは人生の無駄遣いになる。
はやく覚悟を決めたほうがいい。



『20代、30代前半で家を買うと失敗する』(P.178)
20代で結婚しても、
将来がまだ漠然としていることが多いため、
早々に家を買うと失敗することが多いようだ。
家は大きな買い物なのだから、
あせって買う必要はない。
不動産購入資金として
しっかり貯めておけば良いのです。


■反論・誤植・注意点など■
『新聞を読まないやつは生き残れない』(P.176)
嘘ですね。
新聞は読まなくてもやっていけます。
著者は、世の中の流れに敏感でありなさいと
そういいたいだけなのでしょうけど、
その情報源を新聞とするのは安直でしょう。

本当に重要なニュースというのは、
どうしても人づてで伝わりますし、
ビジネスでライバルを出し抜けるような情報は
新聞には書いてません。
新聞に記事が出た時点で、
業界ではその情報は
もう知れ渡った後という状態なのです。
必然、後追いにしかならないでしょう。


新聞を読むことが悪いことだとは思いませんが、
新聞を読んでるから俺大丈夫、
なんて安心してるやつが
この先生き残れると思えません。
むしろ、この記事ほんとうだろうか?と
裏を読むくらいの気持ちがなくてはだめでしょう。

やたらと情報を得て安心するのではなく、
得た情報を自分で吟味するくせをつける方が重要です。



■最後に■
この本は確実に貯金するための本です。
だから、守りに固いが、攻めは無いという
人生の指南書であるといっていいでしょう。
一生をサラリーマンとしてすごし、
投資するなら
株式を少しだけ持ちたいという人にお勧めできます。
大きな贅沢はできないとはいえ、
相応の豊かな人生が送れると思います。

20代の人たちに対して書かれたお金に関する本で、
着実に貯金していくことの大切さが伝わります。  
一発逆転とか、
そういう現実離れしたものではないので、
それだけに万人に広く読まれる話です。

しかし、本をたくさん読む人には、
どこかで聞いた話ばかりで退屈な内容になるでしょう。

とはいえ、内容は良質なので、
普段から本を読まない人には
実り多い良書となるでしょう。



4分の1貯金法なら、
本多静六氏の「私の財産告白」が、
株式の基礎知識を得て、
インデックスファンドに投資するなら
橘玲氏の「臆病者のための株入門」が
より詳しくてお勧めです。




■評価■


19点/30

①読みやすさ 4点
図解があって、わかりやすい。

②情報量 2点
30-60min さくさく読める。

③成長性 3点
基礎的な人生におけるお金に関しての知識がつく。

④実用期間 4点
これから金利の変動や雇用情勢が
変化するとおもわれるので
10年以上先は分からないが、
それでも5年以上は持つと思う。

⑤インパクト 3点
納得できることが多いがインパクトはあまり強くない。

⑥信頼性 3点
ひとつの考え方としては良いが、
サラリーマン以外の人生を送る人には不向きかも。

レビューNo. 0059
評価年月日:2009年3月9日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る