無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「CHANCE」


  犬飼ターボ氏著
全295ページ
1429円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「人生に成功することとは何かがわかる」

■何故この本を手に取ったか?
「「星の商人」の著者が書いたサクセスストーリーであるから」

■流れ
メンターとの出会い

2つの課題

新たなビジネス

成功の上昇気流

富と名声

成功者からの贈り物



■レビュー■
『これからは会社のために働く時代じゃないな』(P. 20)
20年後には会社の名前を誇らしげにする人間はいなくなる、といわれています。

会社は雇用した人間を護るために作られたものではありません。
終身雇用というこれまでの雇用形態は
実は、世界からみたら異常なのです。

会社において成長した人間は
いつまでも必要とされるので
リストラの憂き目にあうことも少ないのでしょうが、
会社から一歩外にでたら何もできないという状況にならないよう
自分のスキルを上げるなり、
副収入を得たりしなくてはいけません。



『ビジネスの成功だけでは幸せになることはできない』(P. 30)
『人生には4つの領域がある。
「経済」「健康」「愛情」「精神」だ』(P. 80)
ビジネスで成功して
お金も持っているのに不幸な人が実在します。
それはビジネスのみで成功しているために、
バランスが悪いのだそうです。
先に示した4つの領域で
バランスよく成長していくのが理想だといいます。



『成功している人は成功している人とつながっている』(P. 52)
『他人の成功に貢献した時、
最も大きな成功を手に入れる』(P. 286)
他人の成功を手伝うとなぜ、
自分の成功につながるのかという問いの答えが
成功者同士のネットワークにあると思います。
自分のまわりの人たちがたくさん成功者になれば、
そのネットワークに自分も加われるので
成功者になりやすいのでしょう。



『成功者とそうじゃない人の違いは紙一重』(P. 66)
実は成功のためにはコネも学歴も関係なければ、
能力もそれほど関係ないのです。
成功するための方法をきちんと実践できるか否か
成功者と普通の人の最大の違いはそこなのです。



『投資が先で消費が後』(P. 87)
人は消費を先にやってしまいがちです。
それは消費の方が気持ちがいいからです。
人より良い車や家を買うことは、
とても気分が良いでしょう。
しかし、消費を先にやってしまうようでは、
幸せなお金持ちにはなれません。



『信者になってはいけないよ』(P. 129)
雑誌などで紹介されると
話が聞きたいという人たちが出てきます。
これらの人たちは、
この人のいうことなら大丈夫、と信じこんでいます。
この状態はとても危険です。
信じるあまり自分で考えようとしなくなるだけでなく、
信者となった人がビジネスで失敗した時、
恨まれてしまうのです。

『アドバイスは安売りしてはいけない』(P. 268)
100円払って手に入れたものは100円、
一万円払って手に入れたものは一万円の価値がある、
と思うものです。
となれば簡単に聞けた話など、
たいした価値があるとは思えないでしょう。
さらに、話を聞きたいという人たちすべてが
実践する人たちとは限りません。
実践しない人たち全員と話をしていたら
すぐに時間がなくなってしまいます。
他人の成功を手伝うといっても、
相手を選ばねばなりません。
成功者は本気の人だけを相手してくれるのです。



『成功者は素早く決断し、
重要な事はあせらずじっくりと検討して決断をくだす』(P. 227)
チャンスの女神は前髪しか生えてない、
と言われます。
しかし、なんにでもすぐに飛びつくのは考えものです。
本当に重要なことはじっくり検討する必要があるのです。



『収入は社会貢献していることの証明』(P. 262)
これからの時代は、
学歴、社会的地位が急速に低下し、
お金持ちが尊敬される時代になります。
その兆候はすでに出始めてるので、
実感できると思います。
お金の話をすると眉をひそめる人もいますが、
お金を稼ぐということは、
お金を払ってもやってほしいことがあり
それをした結果得られるものですので、
社会貢献の度合いを表す指標ともいえます。

仕事のすべてが給与に反映するわけではないので
一概には言えませんが、一理ある話です。
つまりは、
これからの時代はお金をたくさん稼いだ人は
たくさん社会に貢献した人として
尊敬されるようになるのです。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
師匠(メンター)は準備の出来た人のところに必ず現れるものです。
それは本との関係にも似ています。
読む準備の出来てない本というものは
開いてもつらくて読み進められません。
そのうち結局、本棚に戻すことになります。
しかし、必要になったとき
必ずその本は頭の隅にあって
もう一度開くことになるのです。
そのときはすいすい読み進められるでしょう。


本書は成功者の軌跡を
フィクションで書いた小説である。
小説としてストーリーが秀でてる、
といった特徴があるわけではない。
しかし、成功者の軌跡はいったいどのようなものか?
という視点に切り替えたとき、
この本は大変価値がある。
それは予想される困難な出来事が
この本に満載だからである。
この類の本は「成功者の告白」や
ユダヤ人大富豪の教え」などが
代表的であるが、
それらの本も読んでみるとよいと思う。



■評価■


23点/30

①読みやすさ 4点
よみやすい。

②情報量 3点
60-120min

③成長性 4点
成功とは何かがわかる。

④実用期間 4点
10年くらいは持ちそう。

⑤インパクト 4点
読んでやる気が湧いた。

⑥信頼性 4点
信用できる内容だと思う。

レビューNo. 0061
評価年月日:2009年4月10日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る