無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「チーズはどこへ消えた?」


  スペンサー・ジョンソン氏著
門田美鈴氏訳
全94ページ
838円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「変化することを恐れるな」

■何故この本を手に取ったか?
「本書は日本でもベストセラーになり、
類似本が出回るなど当時、大変話題となった。
一度目を通しておこうと思った。」

■流れ
探しあてたチーズが少なくなった。

あたらしいチーズを探す者、探さない者

変化をいとわない者は新しいたくさんのチーズを得る


■レビュー■
本書は、二匹のねずみと二人の小人の
チーズに対する簡単な物語です。
ここでのチーズとは、
お金、健康、家族、仕事などを表します。

毎日あると思っていたチーズが無くなってしまった。
それぞれ性格の異なる彼らは、
それぞれ異なる行動をとる。
その行動にはいろいろな暗示が含まれている。
そういう物語である。



変わらない事への警告
本書の内容を一言で表すとしたら
この言葉がぴったりである。
『変わらなければ破滅することになる』(P. 40)


人はみな大なり小なり変化を恐れるものだ。
しかし、変化を受け入れないと、
いずれそのツケがくる。
それは本人にとっては
晴天の霹靂のようにも感じるが、
実際は小さな変化を嗅ぎとる努力を怠り
怠慢になった本人たちの責任である。


本書は、誰にでもわかるように
平易にかかれた文章で
誰が読んでも何が言いたいか
理解できるように書かれている。
内容も普段忘れがちだが、
とても重要な示唆に富んでいて良い。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
普段ビジネス書を多読する人にとって、
それほど真新しいことは書いていないが、
簡単で新書ほどの値段で出版された本であり、
世間に広く普及した事実を見れば、
内容は良いに違いない。
しかし、正直な話、なんだか物足りなかった。



■評価■


16点/30

①読みやすさ 4点
読みやすい

②情報量 1点
30min未満

③成長性 2点
変化を恐れないという成功への一歩が踏み出せる。

④実用期間 5点
世界は変わり続けるので一生使える。

⑤インパクト 1点
自己啓発書としてはありふれている。

⑥信頼性 3点
他の自己啓発書と照らし合わせてみてウソは言ってないと感じる。

レビューNo. 0066
評価年月日:2009年3月22日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る