無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「魔法の快眠術」


  佐藤富雄氏著
全192ページ
1300円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「眠り上手が幸せのコツ」


■何故この本を手に取ったか?
「睡眠というものは万人にとって必要なものであり、
眠りについて知識を得ることは人生においてとてもプラスになると思ったから」


■流れ
眠りの重要性

眠りはリズム

眠りで手に入る若さ



■レビュー■
『眠ることは怠けることではない』(P. 22)

眠っている間も、脳は働いています。
(池谷祐二氏著「高校生の勉強法」参照)
記憶の整理には睡眠が必要ですし、(P. 73)
眠りによって分泌されるホルモンもあるのです。(P. 57)

『困った時はぐっすり眠ればいいのです。
そうすると、
脳が勝手に問題を解決してくれます』(P. 29)
金森重樹氏も困ったことが起きた時は
眠っていたといいます。
(金森重樹氏著「お金の味」参照)
そうすると、
鬱になるほど気分が沈むということがなくて
問題解決に向けて動きだせるというのです。

『睡眠時間よりも睡眠リズムが大切』(P. 44)
一般に、睡眠時間が大切とされていますが、
ぐっすり眠った人の6時間睡眠と
寝付きの悪かった人の9時間睡眠では、
明らかに前者の方が、快適な生活が送れます。

『レム睡眠は体の眠り
ノンレム睡眠は脳の眠り』(P. 48)
レムとはREMと書きます。
これはRapid Eye Movementの頭文字をとったもので
日本語では直訳して
高速眼球運動と呼ばれています。
REMの状態では、眠りのレベルは浅く、
人は夢をみているといわれています。
しかし、ノンレム睡眠になると
眠りのレベルは深くなります。
『見た夢の1%しか覚えていない』(P. 51)
ということを踏まえても
ぐっすり眠るとあまり夢をみないように感じるのは
レム睡眠の時間が少ないためでしょう。

『夜更かしした翌日に化粧のノリが悪いのは、
成長ホルモンがしっかりと分泌されず、
お肌の新陳代謝がうまくいかなかったため』(P. 57)
『美人は夜につくられる』(P. 113)
『成長ホルモンには若返りの効果がある』(P. 114)
眠りについた最初の3時間のうちに
成長ホルモンが分泌されます。
これはサーカディアンリズムからいえば、
11時から深夜2時の間にとくに顕著だといいます。
ですから、この時間帯に、
眠りはじめの3時間が持ってこれたら
成長ホルモンによって
身体のメンテナンスが行えるのです。

『眠りのホルモン「メラトニン」』(P. 59)
眠りを誘発する物質は、これまでなぞでしたが
近年になって、メラトニンが眠りの誘発物質とわかりました。
このメラトニンは、
日中に太陽の光を浴びることで作られるそうです。
ですから、日中は太陽の光を浴びて、
夜ぐっすり眠る、というのが
良い眠りのリズムを作り出すためのコツのようです。

『入眠儀式』(P. 86)
パジャマを着るのもひとつの入眠儀式です。
これは別にパジャマでなくてもよくて、
たとえば、寝る前に
コップ一杯の水を飲むようにするとか、
「今日もいい一日だったなぁ」と言って寝るとか
そういう習慣をつけることで
体が眠りのサインを認識し始めます。
これがあなた独自の入眠儀式です。
入眠儀式の素晴らしい点は、
はじめての泊まった場所でも、
寝つきが良くなる点です。

『メラトニンを摂取する
北欧の知恵「ナイトミルク」』(P. 172)
ナイトミルクとは、夜に搾ったミルクのことです。
ナイトミルクにはメラトニンが多く含まれており
摂取することでぐっすり眠れるのです。


■反論・誤植・注意点など■
『ナポレオンの3時間睡眠は、もはや伝説』(P. 69)
実は、ナポレオンは
昼寝3時間で合計6時間睡眠です。
とっても普通です。

『短眠派の代表でもあるエジソンは、
同時に居眠りの達人だった』(P. 118)
その合計時間が3時間を超えていたといいます。
(堀忠雄氏著「快適睡眠のすすめ」参照)

結局、短眠派の代表格のお二人が
実は合計6時間以上眠っていたということです。


■最後に■
みんな眠りの大切さには気づいていても、
ぐっすりとした良い眠りを
手に入れる方法を知らずにいます。
ですが、本書を読めば
どのようにしたら良いか指針が立てられます。

完璧じゃなくていいのです。
自分の日常生活において実践できることからはじめて
生活習慣にしてしまうのが良いでしょう。
『眠ることによってしか
手に入れることのできない若さというものが、
確実にある』(P. 176)

みなさんが良い眠りを手に入れるために
本書が手助けとなれば幸いです。


■評価■


22点/30点満点

(1)読みやすさ 4点 
読みやすい

(2)情報量 2点 
30-60min

(3)成長性 4点 
眠りと健康、記憶について知識が得られる。

(4)実用期間 5点 
一生使える

(5)インパクト 3点 
衝撃的な内容というよりも
良い眠りを得るための助言を集めたもの

(6)信頼性 4点 
眠りについてはまだすべてがわかったわけではないけれど
本書で示されたことは、根拠もあり納得できる。


レビューNo.0075
評価年月日:2009年11月9日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る