無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「さっさとやれば、何でもかなう!」


  中島孝志氏著
全199ページ
1400円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「仕事の速い人といわれるコツを紹介」

■何故この本を手に取ったか?
「グズは損をするらしいので、
仕事の速い人になるにはどうしたら良いか
ヒントがないか探していたから」

■流れ
仕事が速いと運が良くなる

頭を使えば仕事は速くなる

図と手帳を使いこなす

速く仕事をするためのコツ


■レビュー■
『仕事が速い人、仕事が遅い人の違い
それは頭の良し悪しでもなければ、
やる気の有無でもない。
仕事のコツを知っているか、知らないか
その違いだけなのだ』(P. 2)
これはそのとおりだと思います。
その人でなくてはできない仕事というのは、
ほとんど存在しません。
人間国宝並みの職人さんでもなければ、
人数は限られるかもしれませんが、
誰かがやろうと思えば、代わりの人は必ずいます。
ということは、その仕事のコツを知っているかどうか、
というよりも、コツを知ろうとしているかどうかが、
その人が仕事のできる人になれるかどうかの瀬戸際なのです。

『「さっさとやる人」と「グズな人」では
どこか一番違ってくるのか。
それはツキがぜんぜん違ってくる、
ということだ』(P. 15)
仕事が速い人は重宝されます。
それは、みんな仕事が速い人に頼んだ方が
締切に余裕ができて安心できるからです。
そうすると頼まれごとが多くなってきます。
頼まれごとが多くなってくると
自然とすこしずつ、重要なお仕事が回ってきます。
ここで成果をあげると、さらに重要な仕事きます。
気がつけば、あなたは出世していることでしょう。
さっさと仕事をする人には、
こうして運を引き寄せる効果があるのです。

『仕事の速い人は「できること」「できないこと」を
いち早く分別する』(P. 49)
そして自分にできることだけに
集中するのだといいます。
この世には、たくさんの仕事があります。
自分の得意な仕事だけやっていたとしても
絶対さばききれません。
それなら、苦手なことは、
それを得意とする人にやってもらって
彼らが苦手とする、
しかし私が得意なことをやってあげる。
これが結局みんなが最も幸せになれる
考え方なのではないかと思います。
なにも、アウェイでばかり闘わなくてもいいのです。
自分のホームで連戦連勝する方が
絶対楽しく仕事できますよ。

『レーガン・チャーチル方式』(P. 88)
結論は一行
理由の説明は三行
必要とあれば、データ・資料を添付すること

これだけでずいぶんスマートに報告ができます。
試してみてしっくりくるなら
お勧めな報告書の書き方です。

『スケジュールは長めに
見積もっておくのがコツ』(P. 100)
一ヶ月半でできる仕事なら、
二ヵ月くださいと言います。
そうすれば、
普通に一ヶ月半で仕事が完了して納品したとしても、
がんばってくれた、と感謝されるからです。
さらに、不測の事態で本当に二ヶ月かかったとしても
取引先を怒らせることはありません。

『いつも三つのシミュレーションを想定しておく』(P. 174)
その想定すべき事態とは、
ぜひこうなってもらいたいシナリオ
たぶんこうなるシナリオ
もしかしたらこうなるシナリオ
の三つです。
大方の予想の上下を抑えておくということです。
そうすることで、どんな状況に陥っても
大抵は次の手が考えてあるので、
それを即座に実行に移せます。
チャンスを逃さず、かといって
付け焼刃ではない方法で危機を回避できるのです。
周囲の人たちが
あなたを見る目が変わること間違いないでしょう。




■反論・誤植・注意点など■
『年賀状シーズンを迎えたら手書きで書く。
このほうがよっぽど仕事は速い』(P. 149)
確かに10枚くらいしか年賀状を出さないなら
手書きの方が速いでしょう。
しかし、大人になれば付き合いも増えますので
数百枚に昇る年賀状が普通です。
手書きのあたたかみが重視されているならば、
納得できるのですが、作業時間がパソコンより
手書きの方が速いというのはどうでしょうか?
絶対そんなことありません。
時間の面からいえば、
パソコンに打ち込んでプリンターで印刷すれば
手書きの数倍速く作業が終了します。
毎年、手書きで書くならば、
毎年その作業がいりますが、
住所は毎年変わるものではありませんので、
一度打ち込んでおけば、
ほとんどは来年も使えますし、
大変なのはインプットに要する
最初の数時間くらいです。


■最後に■
本屋で手にとってすぐ買うことに決めました。
著者に一定の信頼が置けます。

報告書は結論一行、理由三行、
データがあるなら添えて出す。
それ以上なら読まない。
できる人は長所を伸ばす、
できない人は短所をなくす。
やる気の3Mとは、Money Medal Missionである。
ほうれんそうは密にせよ。
五分前行動の精神。
など、参考になる情報が多く良い本でした。

さっさとやれば何でもかなうかどうかは別にして
何事か為さんと思わんものは
迅速に行動すべし、ということです。




■評価■


21点/30点満点

(1)読みやすさ 4点 
読みやすい

(2)情報量 2点 
30-60min

(3)成長性 3点 
実践すれば
確かに仕事が速くなると思う

(4)実用期間 5点 
一生使える

(5)インパクト 3点 
なるほど、と思う

(6)信頼性 4点 
信用に足る内容



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る