無料メールマガジン

メルマガ案内


TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「食品のカラクリ4 体に安全なものの食べ方」


  別冊宝島編
99全ページ
1050円+税
ムック

■この本を一言で表すと
「安全性の高い食品と食品の安全性を上げる調理法の紹介」


■何故この本を手に取ったか?
「危険な食品が世にあふれている中で、
安全な食べ物に関する知識はとても重要であると思ったから」


■流れ
安全な生鮮食品

安全な加工食品

安全な飲料



■レビュー■
『下ごしらえのあれこれ』(P. 12)
基本的に水に浸して毒を抜くようです。
農薬は水に溶けやすいため、この方法が良いそうです。
しかし、さすがに重金属は抜けないので、
やはり大陸から輸入された野菜は買わない方が無難です。
というのも、中国では大量の奇形児が産まれており、
その原因は重金属に汚染された野菜ではないか、
との見方もあるからです。
(西村幸裕氏編「中国禁止!」参照)

『インスタントラーメンの原材料にリンがあったら買わない』(P. 64)
リン酸塩は骨をもろくする添加物です。
多少摂取しても悪影響はありませんが、
できるだけ取らない方が賢明でしょう。

『世界有数の健康食品「納豆」』(P. 71)
唯一の死角は原材料です。
原料に用いる大豆の大部分が中国からの輸入といわれており、
また、遺伝子組み替え大豆が使われている可能性も高いとのことです。
遺伝子組み換えなんかよりも、産地に気をつけたいですね。
私は、遺伝子組み換えでない中国産大豆と
遺伝子組み換えのアメリカ、カナダ産大豆の二択なら
迷わず遺伝子組み換えアメリカ産の方を選択します。

もっとも、国産大豆を使った納豆があれば、
少々高くても絶対そちらを選びます。

ちなみに、アメリカの団体OCIAのマークがついているものは
比較的安全なようです。

『便利と引き替えに不安の多い冷凍食品』(P. 74)
添加物いっぱいだそうです。
でも、そんなのかわいいものです。
最近の日本では、添加物だけでなくて
毒が入ってるかもしれませんからね。

本書にもあるように便利とひきかえなので、
添加物も悪いことばかりではありません。

そもそも、添加物だから絶対ダメ、というわけではありません。
添加物があるからこそ、安くおいしい食品を食べられるのです。
ですから、添加物を完全に排除しようと躍起になるのではなく、
どの程度までなら許容できるか決めておき、
選択できるようにするべきです。
(安倍司氏著「食品の裏側」参照)



■反論・誤植・注意点など■
『歴史の浅い遺伝子組み替え農作物』(P. 86)
遺伝子組み替え農作物を
長期にわたり摂取したときの影響というのは、
まだ、誰にもわかっておらず、
日本は穀物輸入大国ですので、
巨大な臨床実験と化しているのというのは事実です。

でも普通に考えて、遺伝子組み替えというのは、
進化の加速みたいなものですので、
組み替えたから危ないわけじゃありません。

普段、農家の方が行っている種をかけあわせる
いわゆる配合というものも、
人間の思惑道理の遺伝子を持つ植物が
高確率で得られるからやってきたわけですが、
それによる被害があったなんて聞いたことありません。

そもそも、豚をたべたら
豚の遺伝子を吸収して豚になるわけではありません。
そんなこと誰でも知っていることですよね。
でも、遺伝子工学で作ったとなると
なんだか怖いイメージが先行して
多くの人たちが拒否反応を起こしてしまうみたいです。

確かに、遺伝子組み替えによって
おかしげな物質を作る遺伝子が組み込まれてしまった場合
その変な物質を摂取することになりますので
それは防がねばなりませんが、
そういうことは自然の状態でも起きますし、
遺伝子組み替えた時点でどのような栄養素のある作物ができるのか
きちんと調べていますので、安全性が低いわけではありません。

そんなことよりも、
海外から輸入される農薬漬けの果物、野菜、穀物が危ないでしょう。
現時点では遺伝子組み替えなんかよりも、
残留農薬の方がよっぽど危険です。
少なくとも農薬は毒だと確定しています。
中国の毒ギョーザ事件をみたらそれが分かると思います。



■最後に■
別冊宝島「食品のカラクリ」第4弾です。
危険な食品があふれる世の中ですので、
自衛しなくてはいけません。
本書は危険な食材とその理由および
食品の安全な食べ方を紹介したものです。
ビジネスパーソンのみならず
全ての人に対して、本書は一読の価値はあると思います。



■評価■


点数合計 21点/30点満点

(1)読みやすさ 5点 
イラストや写真が多く大変読みやすい

(2)情報量 2点 
30-60min
ただし、自分が普段食べない野菜の項目を飛ばせば
30min未満で読めると思う

(3)成長性 3点 
完全に遂行する必要はないと感じたが、
これらの知識はあった方がよいと思う

(4)実用期間 5点 
一生使える知識

(5)インパクト 2点 
昔から祖母や母がやっていたアク抜きような手法が多く、
インパクトは薄かった

(6)信頼性 4点 
信用できる内容

レビューNo.0182
評価年月日:2010年9月22日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る