無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「Good Luck」


  アレックス・ロビラ氏、フェルナンド・トリアス・デ・ベス氏共著
田内志文氏訳
全120ページ
952円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「成功哲学書の入門書」

■何故この本を手に取ったか?
「170万部も売れたと聞いて」

■流れ
老人が幼馴染みと再開

運と幸運の違い

幸運のクローバーの物語



■レビュー■
『運と幸運は別物なんだ』(P. 17)
運は、巡ってきてもすぐに離れていってしまう。
幸運は、自分の手で作り出すことができる、
という違いがあるのだそうです。


『幸運が訪れないからには、
訪れないだけの理由がある』(P. 42)
幸運を呼び込むためには、タイミングが大事です。
しかし、そういう成功への試験は
抜き打ちでやってきます。

『幸運のストーリーは、
絶対に偶然には訪れない』(P. 116)
はじめからお金持ちの家に生まれていれば
人生ラクできたのになぁ、と
誰しも思うものだと思うのですが、
はじめからお金持ちの状態にいては、
成功する喜び、
失敗するつらさなど知ることができません。
人生には抑揚があるからこそ、
人一倍幸せを感じることができるのです。

また、失うものが何もないとき、
人間は思い切った行動をとれます。
それが今後の発展につながり、
成功する確率を引き上げてくれます。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
日本国内だけでも170万部売れたというから
どれほどの内容かと期待買ったが、
中身は成功哲学を簡単化して物語風にしたもので、
本書をあえて読む必要はないと感じました。
成功する人は、きっといろいろ本を読むだろうから
このくらいの内容はすでに知っているだろうし、
本をほとんど読まない人は、
本書に興味も持たないでしょう。
ゆえに、
あまり意味のある出版物に思えませんでした。




■評価■


14点/30

①読みやすさ 3点
ふつう

②情報量 1点
30min未満 期待はずれ。

③成長性 1点
他の著作に書かれていることばかり。

④実用期間 5点
内容は不変の真理。

⑤インパクト 1点
ありふれている。

⑥信頼性 3点
物語として単純化されすぎている。

レビューNo. 0252
評価年月日:2009年3月13日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る