無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「「原因」と「結果」の法則」


  ジェームス・アレン氏著
坂本貢一氏訳
全96ページ
1200円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「現状は偶然ではなく、
さまざまな原因から生じた必然であり、
思いこそがすべてを決める最大の因子」

■何故この本を手に取ったか?
「近代成功哲学書の元祖ときいて」

■流れ
思いが人を創る

環境は思いからつくられる

思いの強さが目標を達成する力となる



■レビュー■
『「原因と結果の法則」は、
目に見える物質の世界においても、
目に見えない心の世界においても、
つねに絶対であり、ゆらぐことがない』(P. 14)
世の中のルールというのは、
所属するコミュニティで変わるものですが、
絶対的な基本ルールがこの
「原因と結果の法則」なのだそうです。


『人生には、
偶然という要素はまったく存在しません』(P. 22)
偶然におきたとおもわれることにも
すべて原因があるので、
必然の出来事だというのです。


『私たちは、自分が望んでいるものではなく、
自分と同種のものを引き寄せます』(P. 26)
類は友を呼ぶと、昔の人は言ったものです。
確かに、すべての集団は、所属する人の精神に
同種のものが存在してると思われます。
自分と同じような趣味を持つ人は、
お互いに相手の考えていることが予想しやすいため
気兼ねする必要がなく、ラクなので、
自然と集まってしまうのです。


『苦悩は、それを体験している個人が、
自分を存在させている法則との
調和に失敗していることの、
明確なサインです』(P. 34、35)
斎藤一人氏は、迷ったら「正しい」じゃなくて
「楽しい」を選ぶんだよ、と言っています。
(「変な人が書いたツイてる話」参照)
なぜなら、正しいと世間で言われていることが
自分のやりたいことではないことが多いからです。
それだと、一生自分がその仕事に対して
不適合であることに悩み続けることになるのです。
少なくとも楽しいと思うことなら、
その時点で、
精神的な一致があるものと考えれるので、
楽しい方に行くと失敗が少ないのです。


『じつをいうと、
搾取する人たちと搾取される人たちは、
互いに協力しあっている人たちなのです』(P. 62)
これは、実はそのそのとおりなのです。
搾取と言えば、雇用関係や税金など、
あらゆる面でそうだなと思うところがあります。

搾取している人が一方的に悪いように思いますが、
搾取される側が、全く無抵抗なので
搾取の構造が完成するのです。
搾取されたくなければ、
それに抗わなくてはなりません。


『人間は、もし成功を願うならば、
それ相当の自己犠牲を
払わなくてはなりません』(P. 67)
人生において
すべてを手にれられる人間は存在しないそうです。
みんな何かを犠牲にして、
欲しいものを手に入れています。
だからこそ、優先順位が重要になります。
これがぶれていると、
人生で本当に欲しかった物が手に入りません。


『宇宙は、慎み深い人間、正直な人間、
清らかな人間のみを支え、援助するのです』(P. 65)
心清らな人は、宇宙の加護があるそうです。
これはなんとも抽象的な表現ですが、
成功者たちは口をそろえて、
見えないパワーがあるといった発言をしています。
特に、斎藤一人氏は
「宇宙の波動」という言葉をつかって
「ツイてる」と言って精進していると
ツイてることが起きるんだよ、と言っています。

『穏やかな心の持ち主は、
常に愛され敬われます』(P. 84)
人は相手に承認されたいという欲求を持っています。
穏やかな心の持ち主は、周りに流されず、
自然とみんなの心のよりどころとなるでしょう。
そういう人は、必ず愛され敬われます。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
ページ数は少ないですが内容のある本です。

「人生に偶然はない」

すべては必然です。
今、ここにいるのもどういう立場にあるのかも
すべて自分の責任なのです。

この本で特筆すべきは、

大多数の人々は
成功者の「影」の部分をみない
幸運の一言で片付ける。
しかし、成功者とは
強い信念を維持し
数々の犠牲を払い
粘り強い努力を続けてきた人達
理想の現実化を目指し
様々な困難を見事に乗り越えてきた人達である、

という記述です。(P. 78、79)

運がよかっただけで成功できるわけないというのは、
デイル・ドーデン氏著「仕事は楽しいかね?」でも
言われていることです。

成功する人は、成功するだけの
「原因」があるのです。


■評価■


22点/30

①読みやすさ 4点 
よみやすい

②情報量 1点 
30min未満

③成長性 4点 
思いが強い人は成功する。

④実用期間 5点 
一生使える。

⑤インパクト 3点 
納得できる。

⑥信頼性 5点 
近代成功哲学の基礎本 


レビューNo. 0275
評価年月日:2009年5月22日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る