無料メールマガジン

メルマガ案内


TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「起業バカ」


  渡辺仁氏著
全272ページ
952円+税
ペーパーバック

■この本を一言で表すと
「安易に起業を勧める昨今に警鐘を鳴らす本」

■何故この本を手に取ったか?
「起業するということはとても大変なことである。
成功談はよく聞かれるけれども失敗談はあまり聞かれない。
本書ではそういう失敗談を扱っていたので
勉強になるかと思ったから」


■流れ
起業ではまる罠

フランチャイズは個人を食い物にするシステム

ベンチャーに立ちはだかる4つの抵抗勢力


■レビュー■
『資金を調達できない人には、起業する資格なぞない』(P. 18)
1円起業などといっても、会社の設立には
書類申請や税金、法人税などいろいろとお金がかかります。
1円のみで企業が作れないのが実際のところです。
ゆえに、別に法人格を必要としないのでしたら、
最初は個人事業主として始めれば、
煩わしいことは何もありません。
経費はすべて認められるわけではないでしょうけど、
帳簿をつけなくてもよいのでラクですし、
儲かる見通しがついたときに法人格にすれば
資金はすでにある程度たまっているだろうから
資金集めに苦労することなく仕事に集中できます。

『フランチャイズだから、途中解約は違約金と賠償金』(P. 44)
『一度契約を結んだが最後、
あとは本部に干からびるまで吸い尽くされて終わりである』(P. 132)
契約内容によりクーリングオフは効きません。
フランチャイズは詐欺にも等しいシステムだと言われます。
ロイヤリティが高いために、現場の店舗はほとんど儲からず、
システムを売った本部に大半の利潤が流れ込むようになっています。
客が多いコンビニが儲かっているように見えても、
実際はかつかつであることが多いのです。
『すべてのフランチャイズは本部のみが勝つ』(P. 129)
と言われています。
本書を読めば、安易にフランチャイズに走ることが、
どれほど危険なのかおわかりいただけると思います。

起業で失敗する人の多くがかかっている病気があると著者は言います。
それは、
長年会社に勤めていて、
会社での出来事が世界の常識だと思っている
『会社病』(P. 62)

マスコミのいうことはとにかくすべて盲信する
『新聞病』(P. 63)

フランチャイズに加盟すれば、
あとはすべてやってもらえると思っている
『依存病』(P. 63)

この三つだそうです。

『全株式の3分の2を持っていなければ、社長とは呼べない』(P. 227)
これは新規に増資するときに、議決を崩すとき
全株式の3分の2が必要になるからです。
そうでなければ、ここで増資されてしまい、
他の人の出資比率が高められてしまうことになりかねません。
いずれは社を追い出されてしまうことになるのです。
一般に株式の51%あれば勝てると思われますが、
実は、鉄板にするためには67%必要なのです。
この点は絶対に気をつけてください。

『IPOと会社売却のダブルで稼ぐ』(P. 234)
IT企業の上場ブームでIPOが取り沙汰されていましたが、
最近は、一段落したようですね。
それでも株式公開と株式売却は、
一気にお金持ちになる方法であることには変わりありません。
株式公開にもっていけるだけの起業家としての適性がある方は、
やはりIPOを目標とすべきです。


■反論・誤植・注意点など■
特になし


■最後に■
政府が1円起業を餌に、国民の起業意識をあおりましたが、
実際のところ、起業する際には
必ずしも法人で始めなくてはいけないという規定はありません。
取引相手が法人であれば、個人と取引するのを嫌がるでしょうが、
そうでなければ、勝手に始めて個人事業主として
税金を納めれば文句をいわれることはありません。

1円ならいいや、と思って、
わざわざ法人を作ったとして、
もし失敗したら撤退が大変です。
それに、1円起業では、その時点で支払が猶予されるだけで
後ほど、企業設立に必要な支払いが発生します。
その時には世の中の流れが変わって
ベンチャーとして立ち上げた会社はもうからないかもしれませんよ?
わざわざ企業を立ち上げる必要性は低いと思います。




■評価■



24点/30点満点

(1)読みやすさ 3点 
ふつう

(2)情報量 3点 
60-120min

(3)成長性 4点 
自分を過信しなくなる。
人を盲信しなくなる。

(4)実用期間 5点 
起業する人が陥りやすい失敗の根は
いつの世もだいたい同じ。

(5)インパクト 4点 
フランチャイズは個人を食い物にする制度と知って驚愕

(6)信頼性 5点 
フランチャイズに関する記述は間違いなく信用できる。


レビューNo.0449
評価年月日:2010年3月23日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る