無料メールマガジン

メルマガ案内


RO総合TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「結局「仕組み」を作った人が勝っている」


  荒濱一氏、高橋学氏共著
全232ページ
952円+税
ペーパーバック

■この本を一言で表すと
「自動的に収入を生みだす仕組みの具体例集」

■何故この本を手に取ったか?
「仕組みを作った人の具体的な話が載っていたから」

■流れ
ネットビジネス

情報起業

ビジネスオーナー

投資

発明


■レビュー■
『週末起業で始めたから、
できるだけ手間ひまかけずにお金が
入ってくる「仕組み」を考えたんですよ』(P. 23)
ここでいう「仕組み」とは、
一度作ってしまえば、自分はさほど動くことなく、
自動的に収入が入ってくるシステムである。

仕組みのカテゴリーは5つあります。

インターネットビジネス、
情報起業、
ビジネスオーナー、
投資、
発明、です。

これら5つのカテゴリーそれぞれの具体例は
本書に譲るとしまして、
重要なことは、
『ニッチなところを狙うというのが基本』(P. 55)
『月収5万円のホームページを
10個作ればいい』(P. 74)
というように、少しずつ
大きく当てて一発逆転
というような手法ではありません。
自分にできること、
それをひとつずつやっていくうちに
最初はお小遣いが少し増えた
というようなものだったのが、
会社を辞めても食べていけるくらい稼げるようになったというのが真実です。


『売れ筋商材「恋愛」「お金」「コンプレックス」』(P. 121)
これらの分野が一番稼げるといいます。
これらのテーマそのままを扱うのもいいですが、
それでは的が絞れているとは言い難いです。
誰にでも来てほしいコンテンツには、
結局、誰もきません。
(牟田静香氏著「人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方」参照)


そもそも人気があるといっても広いテーマでは、
オンリーワンの存在にもなりにくいのです。
やはり的を絞るべきです。

たとえば、お金に関してもでも
蓄財の方法なのか、
仕事術なのか、起業、投資などなど
さまざまな分野があります。

その中でも、たとえば投資を選ぶとして、
そしてさらに、たとえば不動産にまで絞ります。
そこから、どのように不動産に投資していくのか
決めて実行してみて
それを一例として、たくさんの人に紹介するのです。
そうすれば、不動産に興味を持っている人にとって
大変価値あるコンテンツとなり、
不動産に興味ある人たちが集まるのです。


『「働かなくていい状態を作って働く」となると、
こんなに楽しいものはない』(P. 142)
働かなくてはならないから、働くのだ!というと
思い切った行動がとれません。
常に上司のご機嫌を伺い、
ストレスの中で生きなくてはいけません。
ですが、働かなくてもやっていけるという人は、
いつでも辞めてやる、という態度で
思いきったことができますので
過度のストレスから解放されます。
やらされているのではなく、
自らの意思でやっているということが
再確認できますので、その点でも
自己重要感が満たされて精神的に良いでしょう。



■反論・誤植・注意点など■
特になし



■最後に■
これまで私は、年収1000万円稼ぐには
特別なスキルや高度な知性、
豊富な経験が必要だと考えていました。

しかし、本書を読んで
そうではないことを確信しました。

自分の力にレバレッジをかけて
システムを構築して稼ぐこと
そのためにパソコンやネットが
大変有効なツールであることがよくわかりました。



■評価■


24点/30

(1)読みやすさ 4点 
読みやすい

(2)情報量 3点 
60-120min

(3)成長性 4点 
仕組みのすごさがわかる

(4)実用期間 3点 
ネットや情報起業のありかたは
数年で激変する、しかし不動産や
FXなどはあまり変わらない
仕組みにも長年通用するものと
しないものがあるようだ

(5)インパクト 5点 
毎日一時間程度の労働で
年収1000万円以上という世界があるとは!

(6)信頼性 5点 
実話


レビューNo. 0452
評価年月日:2009年9月12日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る