無料メールマガジン

メルマガ案内


TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「大地震 死んではいけない!」


  株式会社レスキューナウ編 目黒公郎監修
全251ページ
648円+税
文庫本

■この本を一言で表すと
「地震に対する正しい防災」

■何故この本を手に取ったか?
「地震に対する知識で世の中に広く出回っているものが
実際には間違っていることがあるので、
より正しい情報がほしかったから」


■流れ
災害から生き残れ

ファーストエイド

大震災からの教訓

日本に危険でないところはない



■レビュー■
『防災の準備には優先順位があり、
何よりも地震が起きたその瞬間に生き残る対策が重要だ』(P. 24)
地震が起きた時には、窓を開けろ、火を消せ、机の下に隠れろといった
色々な対策が存在するのですが、それらすべてが正しいとは限りません。
というのも、大きな揺れの最中に窓をあける余裕なんてありませんし、
コンロに加熱中の油の入った鍋があれば、
安易に火を消すのは火傷の原因となり危険だからです。
確かに、地震発生時にそれだけ動ける訓練をしていればよいのですが、
そういうことが得意な人ばかりではありません。
大地震を目の前にして、立ちすくむ人がほとんどです。
よって、地震が起きた時に、
その場で何もしなくても助かるように
事前に対策を練っておかねばならないでしょう。

『家屋倒壊→圧死をとにかく避けよ』(P. 35)
地震で死亡する人の場合、
地震が起きた直後から15分以内に死んでいることがほとんどだそうです。
助かるためには、まず何よりも地震が起きた直後に
避難できるように五体満足であることが重要になってきます。
よって、家屋が倒壊しないように、
耐震設計を十分に施しているかどうか、
また、家具などが転倒しないように固定されているか、
日頃から対策しておかねばなりません。

『基本中の基本は、「重いもの下、軽いものは上に置くこと」』(P. 58)
転倒防止用のつっかえ棒があれば、タンスなどの転倒対策に良いのですが、
もしそういった商品が手に入らなければ、
段ボールの空箱をタンスと天井の間に、隙間なく詰めておくと良いです。
空箱は軽いけれど、けっこう丈夫に出来ているので、
相対的にタンスの重心が低くなり、かつタンスの動きが封じられるので、
タンスの転倒が未然に防げ、下敷きにならずに済みます。
簡単に今すぐできる防災術です。

『「完璧な対策が打てないから、
とりあえず何もしない」は最悪の選択だ』(P. 36)
地震というのは、いつかくると言われながらも、
いつ来るか予測できないため、忙しい毎日の中で、
ついつい対策は後回しにされてしまいがちです。
しかし、忙しさを言い訳にして何も対策しなければ、
地震が発生したときに困るのは自分なのです。
できるだけ早急に対策を練るべきです。

『クラッシュシンドローム(挫滅症候群)』(P. 90)
細胞が破裂することで、細胞内にあったカリウムなどが
腎臓に障害をおこし、ショック症状を引き起こして
死にいたる症例のことを、クラッシュシンドロームといいます。
これを回避するためには、家具などに挟まれて負傷した人を助け出すとき
心臓に近い方を布で縛ってから救出することです。
そして、縛った布を徐々に緩めていくことで、
こういったショック状態にならずに済むのです。

『「テレビが知らせてくれるから大丈夫」
といった期待は捨てるべきだ』(P. 226)
地震が起きた後、情報はすべてテレビが知らせてくれるから大丈夫だ、
という発想は捨てるべきです。
ゆれの規模が大きい場合は、とにかくまず避難すべきです。
もちろん、ラジオなどをもちだしているなら
ある程度安全なところに避難してから
情報を拾うことが可能ですので、
そうすることが望ましいのですが、
大きな地震に遭遇している場合、
ゆっくりとしている暇はありません。




■反論・誤植・注意点など■
イラストとタイトルが一致してません。
一人で怪我人を運ぶ時と二人で怪我人を運ぶ時のタイトルが逆です(P. 115)

『10円玉・100円玉は財布か非常袋の中に入れておくといい』(P. 154)
震災時には電話が通じなくなることがよくあるため、
公衆電話を利用することが賢い選択となります。
その際には、10円玉がたくさん必要になります。
ただし、100円玉は使えなかったという情報もあり、
100円玉を用意するのであれば、
10円玉を10枚用意するほうがよいと思います。


■最後に■
これまでに10冊以上の地震対策防災本を読んだため、
私にとって新しい情報というものは少なくなってきているものの、
一冊の本として十分よくまとまっています。
本書一冊だけ読んでも、最低限必要な対策は可能だと考えられます。


■評価■


点数合計 22点/30点満点

(1)読みやすさ 4点 
図解もあり、文も平易で読みやすい

(2)情報量 2点 
30-60min

(3)成長性 4点 
これ一冊で最低限必要な防災が可能である

(4)実用期間 5点 
一生使える知識

(5)インパクト 2点 
納得できることが多いことはとても良いことであるが
特に驚くようなこともない

(6)信頼性 5点 
これまで参考にしてきた他の防災本と照らし合わせてみても
信頼できる内容と判断できる

レビューNo. 0692
評価年月日:2011年4月6日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る