無料メールマガジン

メルマガ案内


TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「[非常識に儲ける人]の1億円ノート」


  起業家大学著、主藤孝司氏監修
全104ページ
1000円+税
ムック

■この本を一言で表すと
「1億円を稼ぐ人になるために必要な知識満載」


■何故この本を手に取ったか?
「監修が主藤孝司氏だったから」


■流れ
1億円の絶対法則

成功者の考え方

1億円稼げる市場を探す

「儲け」と「売上」

いますぐあなたがすべきたったひとつのこと



■レビュー■
『ゼロからスタートしても2000万円程度までなら、
努力を惜しまずガンガン働けば、
意外と簡単に儲けることができる』(P. 6)
年収2000万円というのは、
実現不可能な数字ではありません。
いますぐに、というわけにはいきませんが、
間違った方向に努力しなければ、
高確率で達成可能な年収だといえます。

しかし、年収2000万円以上稼ごうと思ったら、
一人でがむしゃらに頑張ってもダメです。
体は一つしかないため、
どうしても壁にあたってしまうのです。
そこで、儲けるためのシステムが必要になってきます。
自分がいなくても回るシステムを作れるか否かに
年収1億円を稼げるか否かがかかっているのです。

とはいえ、
そんなに稼いでも税金で持っていかれるだけなので、
年収1000万円あたりが一番快適であるという可能性もあります。
(吉川英一氏著「億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!」参照)

『でかいチャンスというもんは突然来る』(P. 8)
そのときあなたが、相応の器でなければ
いくらチャンスは来た時につかまないとだめだと知っていても、
とても掴みきれるものではありません。
大きなチャンスがきたときに、
それをつかもうというのなら、
日頃から準備万端整えておかねばなりません。

『価格競争が始まったらそれをいい方に解釈する』(P. 16)
供給する側にとって、価格競争は嫌なものです。
できれば、おきてほしくありませんが、
市場が認知され、業界がにぎわえば、
参入する企業が多くなって、
いずれ価格競争が起きてしまうものです。
しかし、価格競争が始まったということは、
裏を返せば、市場が成熟しきったということであり、
撤退の時期がきたことを
市場が教えてくれていると考えることもできます。
ここで他社に高値でいまの会社を売って撤退する、というのも一つの手段であると思います。

『人気業界にはチャンスなし』(P. 40)
むしろ落ち目の業界や、誰も注目していない業界に
大きなチャンスがあるのだそうです。
それもそのはず、誰も注目していないから
強力なライバルがいないのです。
人気業界では、優秀なライバルがたくさんいるので
いくら頑張ってもなかなか芽がでないでしょう。
しかし、人気のない業界であれば、
同じだけの努力で、人気業界にいったとき以上のリターンが得られる可能性が高いのですから
敢えて人のいかない道にいくのも戦略として有効であると思います。

『自分が目にするお金の「ゼロ」が一つ増えていくと、
感覚も同じように麻痺していく』(P. 72)
人間は欲望のかたまりみたいなものですから、
目の前に、たくさんのお金があると、
ついつい錯覚していろんなものを買ってしまうものです。
しかし、売上が上がっても、
経常利益が上がらなければ
大変なことになるので目の前にあるお金ではなく
帳簿とにらめっこして物品の購入、
新規雇用をしなくてはなりません。
金銭感覚が麻痺してしまうと、
いざ、経営が思わしくなくなってきたときにツケがまわってきます。

『ノンパーパストーク』(P. 98)
情報は人が運んでくるといいます。
本を読んでも情報は手に入りますが、
できるだけフレッシュな情報が欲しければ、
やはりいろんな人と話をするのが良いでしょう。

しかし、ただ会いにいけばいいというわけではありません。
アポなしで、フラッと立ち寄った、
という状況が良いのです。
なぜかといいますと、
フラッと寄ってきたということで、
相手はこちらに対しての情報整備が済んでいないからです。
この状態で、「最近、どうなの?」と、尋ねられたら、
相手は「せっかく来てくれたんだし」と、
何か話してくれようとします。
そうやって話しているうちに、
いろんな生の情報が聞かせてもらえるのです。

もちろん、こういった訪問は、
仕事の邪魔にならない程度にしなければなりません。



■反論・誤植・注意点など■
特になし


■最後に■
イラスト付きでわかりやすく、良くまとまっている本だと思います。
でも、実際に2000万円稼ぐのは大変だと思いますし、
1億円稼ぐとなると、それはもう
発想からかえなくては達成できないでしょう。
そういうことに、色々と気付かせてくれる本でした。


■評価■


点数合計 24点/30点満点

(1)読みやすさ 5点
図解豊富で大変読みやすい

(2)情報量 2点 
30-60min

(3)成長性 4点 
有用な情報が盛りだくさん

(4)実用期間 5点 
一生使える

(5)インパクト 4点 
既知でなければ、
インパクトは強め

(6)信頼性 4点 
信頼性の高い情報

レビューNo.0899
評価年月日:2010年5月27日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る