無料メールマガジン

メルマガ案内


TOPROサイト解説RO学習に関する本RO自己啓発に関する本RO仕事に関する本RO投資に関する本ROお金に関する本RO健康に関する本RO日本と世界に関する本ROその他の本


■リンク■

○skさんの模型サイト

sk-site

 


■管理者プロフィール■

プロフィール


■問い合わせメール■

こちらからどうぞ


 

カスタム検索













「DAIBOUCHOU式サイクル投資法」


  DAIBOUCHOU氏著
全176ページ
1500円+税
単行本

■この本を一言で表すと
「ビジネスモデルを見定めて長期投資することで勝率が上がる」


■何故この本を手に取ったか?
「帯に書いてある200万円が
10億円になった手法というのは
いったいどのような投資法なのか知りたくなったから」


■流れ
投資方法と銘柄選び

売買タイミング

情報分析

信用取引


■レビュー■
ギャンブルはゼロサムゲームではありません。
かならず胴元が儲かるようにできています。
株式市場はゼロサムゲームとよく言われます。
それはその瞬間だけ見ればそうでしょうが、
しかし、株式は市場全体が上向いていれば、
経済的な成長が期待できるため、
時間の経過とともに市場の規模の変動します。
それは不当に株価がつりあがっていることもありえますが、
実際には、上場会社の内部保有率などにも反応するからです。
よって、Win-Winの関係になれると著者は主張しています。

『セクター集中投資』(P. 34)
すべての株を買うのは不可能です。
資金だけでなく、分析にかけられる時間も限られているからです。
ゆえに、自分の投資する分野を決めて集中的に分析する方が勝率が上がると言えるのです。

『万全の態勢を整えて、必ず勝てる状況から
株式投資を始められる人など、ほとんどいない』(P. 50)
だから、とりあえず株式投資用の口座を
とりあえずは開いておくことが大切なのです。
そうしておけば、いつでも投資が可能だからです。

『株を始めてからも連戦連勝ではありませんでした。
手探りの時期も長かったです』(P. 50)

このように経験を積むことが一番の勉強になります。
勝てるようになるまでには、実戦経験を積むことが
一番の勉強になるからです。
自分のお金を使うと、同じ経験をしても
真剣さが違いますので知識の吸収効率が圧倒的に上がります。
これはバーチャルで株取引をしているだけでは得られないものです。
よって、少額でかまわないので
実際に自己資金で株取引をしてみる方が良いでしょう。

『注目すべきは指標ではなくビジネスモデル』(P. 52)
現在、業績の良い会社というのは、
すでに株価も高騰しており、大膨張することはありません。
ですから、今不当に低い値段で放置されている会社をみつけることが
最大リターンが得られる投資になります。
具体的には、これから急成長する会社の株を買うことになりますので、
急成長できるだけのビジネスモデルを持った会社を
選別することが重要になるのです。
これは、ウォーレン・バフェット氏のバリュー投資と同じ考え方です。
問題は、その「まだ隠れた優良企業」をどうやって見抜くかです。
そのあたりの情報を得ることは、
やはりにわか個人投資家には
けっこう難しいと言わざるをえません。

『集中投資をするよりも、
ベストな銘柄に集中投資するほうが
パフォーマンスがいいということに気が付いた』(P. 111)
資産三分法という手法があります。
株、不動産、現金の三つにわけて
資産を保有するというもので、
これは大金持ちの手法です。
なぜなら、これは資産を増やすことを目的としたものでなく、
いまある莫大な資産を減らさないために行う手法だからです。
持たざる者が、持てる者と同じ手法をとっていては、
いつまでも資産は築けません。
(金森重樹氏著「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」参照)

ゆえに、
一財産成すまでは、分野を定めて、集中投資することが大切なのです。


■反論・誤植・注意点など■
特になし


■最後に■
『ウォーレン・バフェットやピーター・リンチ、
フィリップ・フィッシャーなどの書籍を読みました』(P. 135)
というように、この本は基本的に長期投資を
日本市場で行った実例というものです。
ですから、基本的な概念をきちんと勉強したい方は、
ウォーレン・バフェット氏については、
バフェットからの手紙
(バフェット氏は自身の著作はないので、
周囲の人が書いた本しかありません。)

ベンジャミン グレアム氏著
賢明なる投資家

ピーター・リンチ氏著
ピーター・リンチの株で勝つ

フィリップ・フィッシャー氏著
フィッシャーの「超」成長株投資

などをまずは参考にすると良いでしょう。


■評価■


点数合計 24点/30点満点

(1)読みやすさ 5点 
大変分かりやすい

(2)情報量 3点 
60-120min

(3)成長性 3点 
誰でも株式投資は始められるし、
本書の手法はマネが簡単であるが、
ビジネスモデルを見定めるのは大変難しい

(4)実用期間 5点 
長期投資という手法は
何十年も前からある手法である
これからも長期間使えると思う

(5)インパクト 5点 
5年半で200万円が10億円にあるというのは
インパクト強すぎ

(6)信頼性 3点 
長期投資が必ずしもよいとは言えない
けれども結果をだしているので、
ビジネスモデルを見定めることができるなら
勝率の高い投資方法であるといえるでしょう


レビューNo.1003
評価年月日:2010年5月27日



本ページトップへ戻る

カテゴリトップへ戻る